「なつー。おっはよ。」
と、なつに向かって言う私。
「遅いよ、しい姉。早く御飯食べないと遅刻するよ。」
「わかってるって。」
 テーブルの近くの壁にかかっている時計を見ると、針はすでに7時5分を示していた。
 どんなに急いでも、私の通っている学校までは少なくとも45分はかかる。
 御飯を食べたり歯を磨いたりする時間も入れると、学校に着くまでの時間はだいたい1時間くらいになってしまう。
 ばくばくばくばく。
 もう、「ぱくぱく」どころじゃない。
 「ばくばく」よ。
 

 わたしの名前は松野しいな。
 都立北科里(きたしなり)高校1年生。
 髪型…というと、ママに無理矢理ショートカットにされて2年くらい経ってるから、おかっぱ頭を肩まで伸ばした感じになっている。
 性格は…友達には「気が強ーい」と言われる。
 何でだろう?

 「なつ」っていうのはわたしの妹。
 フルネームは松野なつめ。
 髪型は普通のショートヘア。
 見た目……行動とか、中身……性格が少年っぽい。
 でも、姉のわたしから見ても可愛い。
 少し生意気なのが欠点だけど。
 それさえなければ…ねぇ?
 

 ピンポーン。
 チャイムの音が鳴り響く。
「どちら様ですか。」
と、椎名(しいな)の声。
「松野ですっ。」
 大声で叫ぶわたし。
「うわっ!でけー声だな、相変わらず。朝っぱらからんな声出すんじゃねぇよ。」
 驚いた調子で椎名が喋る。
「あんたの声よりも、拓美さんの美しーい声が聞きたいの!拓美さん、まだいらっしゃる?」
「あ、いるけど?姉ーちゃーん。」
「あ、はいはい。今行くー。」
と、拓美さんの返事が返ってくる。
 インターホン(家のチャイムのこと…?)からだけではなく、玄関からもそのやりとりが聞こえてくる。
 声デカイなぁ、2人とも……。
 

 椎名――は、フルネーム・椎名高也(たかや)。
 わたしと同い年で、肩幅が普通の男子より狭いことを気にしている。
 そして、女のわたしから見ても結構可愛い。
 憎たらしいほど。
 『可愛さ余ってにくさ百倍』っていうのはまさにこのことだと痛感しちゃうわ。
 それに、わたしと名前の一部が同じで、幼馴染(おさななじみ)(近所に住んでるの)。

 拓美さん――のフルネームは椎名拓美。
 わたしより2歳年上で、高校3年生。
 すっごく優しくて、素敵な人で。
 髪は腰に届くほど長くて。
 お洒落好きで。
 だから、お化粧も上手。
 そんな拓美さんにも短所が一点だけある。
 わたしを『しいなちゃん』と呼ぶことだ。
 わたしは名前の方を呼ばれるのがすっごく嫌い。
 でも、こんな素敵な方からであれば、少しくらい呼ばれても嫌いにはなれないわ。
 ちなみにこの素敵なお方は、なんとあの憎たらしい椎名のお姉様。
 あんなヤツの、ではなく、わたしのお姉さんだったらどんなに良かったことか……。
 

「おはようっ。」
と、拓美さん。
「おはよー。」
と、わたし。
「いってきまーす。」
と、拓美さんが先程の声に負けず劣らずデカイ声で言った。
「ごめんね、しいなちゃん。ちょっと化粧に時間かかっちゃって。」
「別にいーですよ。気にしないで下さい♪」